東欧 西欧 北欧 古道具 民族衣装 PIPACS ANTIQUES ピーパチ アンティーク

ルーマニア ザクセン人の村 クロス 134X84 1911年

ルーマニア ザクセン人の村 クロス 134X84 1911年 Transylvanian saxon hemp home span clothe 1911 antique

ルーマニア ザクセン人の村 クロス 134X84 1911年 Transylvanian saxon hemp home span clothe 1911 antique

ルーマニア ザクセン人の村 クロス 134X84 1911年 Transylvanian saxon hemp home span clothe 1911 antique

ルーマニア ザクセン人の村 クロス 134X84 1911年 Transylvanian saxon hemp home span clothe 1911 antique

ルーマニア ザクセン人の村 クロス 134X84 1911年 Transylvanian saxon hemp home span clothe 1911 antique

【ルーマニア ハンガリーの手織りクロスのこと】

初めて訪れたルーマニアの蚤の市で出会った100年以上前の民族衣装。袖がぷっくり、脇が窮屈なデザイン。厚地でしっかりしている。着てみるととても温かみがある。
素材はヘンプ、大麻だそう。 当時は大麻に薬物の効果があるなんてことは知られてなくて、村で伝統的に栽培されていたのだけど、大麻の栽培が法律で禁止されてからは、素材としては用いられなくなったそう。
当時栽培されたヘンプは、刈り取られ、裂いたり叩いたりして、大まかに繊維にされ、雪で漂白、段階的に紡がれて、唾液をつけてよられ、膨大な作業を経て細い「糸」になる。
糸は家庭の織り機で織られてようやく「布」となる。衣服用の布はさらに、叩いて薄く柔らかくされる。
何度か村や、博物館を訪れるうちに、村の女性が家で過ごすかなりの時間が、糸や布を作ることに使われていたことを知って愕然とする。
家庭で作られた布は、それ自体が手仕事の作品。敬意を込めて。



●ザクセン人の村の手織り布●

・買い付け地:ハンガリー
・年代:1911年
・トランシルバニア地方のザクセン人の村のものとのこと
・ヘンプのしっとりとしなやかな手織りクロス
・クロスステッチ刺繍 ドイツ語
・そのままカーテン、クロスとして
・ショップ什器としても商品を引き立ててくれます
・ほころび、鉄錆(おそらくアイロン)も個性的


【サイズ】(おおよそCm)
・W:84、H:134 (所々長短あり、いちばん短いところと長いところで5センチほど違う場合があります)
・家庭の機織り機の幅を2枚使用真ん中で縫ってあります
【素材・色】
・厚地 キャンバス地 適度に柔らかい
・アイボリーグレー系 刺繍、ライン織り模様 赤系
・ヘンプリネン

※画像はなるべく近い色目が出るようにしていますが、パソコン画面により、実際のお色目と異なる場合がありますので、ご注意ください


【状態】
・サビ汚れ → 大 おそらくアイロンの鉄錆汚れ たたんだ裏側にもあります ※画像をごらんください
・破れ、ほころび、汚れ、黒ずみ、傷、穴、シミ、やけ、サビ等付着
・糸と糸の結び目が出っ張っています(製造過程で必ずあります)
・ほころびは、当て布などでカケツギされています
※ビンテージ商品ご了承ください
※ホームクリーニング済みですが、汚れも風合いのうちと思っており、徹底的に汚れを落としてはおりません
販売価格 22,000円(税2,000円)
型番 transylvanian_saxon_hemp_homespan_clothe_1911
在庫 残り1点です

カテゴリーから探す

グループから探す

ピーパチアンティーク


Instagram :姉 @pipacs_antiques.ane
Instagram

Instagram :妹 @pipacsantiques_pacci
Instagram

Instagram :妹 民族衣装アカウント @pipacsantiques_pacci2
Instagram

Instagram :妹 @pipacsantiques_pacci_doll
Instagram